こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

ソファを置く前に

ソファ購入で失敗しないためには、ソファを置く部屋の広さを測ったり、ソファの大きさを部屋にあわせて選ぶなど、
自分の目で見て確認することです。

このページでは自宅で簡単にできるソファサイズの確認と、レイアウトイメージを膨らませるための方法を紹介します。

レイアウトイメージ

部屋の広さを測ったら、次はバランスの取れたソファレイアウトを考えてみましょう。
部屋の平面図を用意して、間取りを描きながら想定してみると部屋の状況を把握しやすいのでオススメです。
落書き帳などに簡単に部屋の見取り図を書いて、現在置かれている家具の配置を書き込んでもOKです。

ベッドとソファを考える事が大事です。人の出入りが多い入り口やドア付近を考慮したり、他の家具との間のスペースを確保するように配置するなど、ある程度シュミレーションしておくことが大事です。ソファに座ってすぐ目の前にテレビボードやテーブル意外の家具がおいてあったら不自由ですよね?

新聞紙の活用

部屋の大きさに合うソファサイズを計る場合に役立つのが新聞紙。新聞紙を広げたサイズはちょうど横幅88センチ/縦幅55センチと、一人がけソファの大きさにピッタリなので、新聞紙が1部あれば簡単にソファを配置したイメージとなります。

二人がけなら新聞紙を2部用意して確かめてみましょう。 新聞を定期購読していない方はコンビニでスポーツ新聞を買うか、読み終わった古い新聞を友人・知人から貰いましょう。

バランス

置かれたソファと一緒に部屋を彩るのが、テーブルやTVボードといった家具。
これらソファ以外の家具を選ぶときにも、サイズもソファに合わせて使いやすいものを購入すれば、部屋がより一層お洒落になります。

家具を一品だけで考えるのではなく、全体のデザインとして捉えることが家具を使った上手なルームデザインを作るコツです。

搬入経路の確認

部屋に合うサイズのソファを選んだけど、ソファを家に運び込めない・・・という事態は家具購入後に一番多いトラブルです。

部屋に合ったサイズでも搬入するための窓や玄関を通らないと目的の部屋まで運び込めません。このトラブルを避けるためにも、事前に搬入経路を確定しておく必要があります。家具を運ぶルートは、マンション住まいの方は特に注意して確認しましょう。

搬入ルートを細部までシミュレートし、確認しておくことが後のトラブルを未然に防ぐポイントです。ソファのサイズをぴったり測っていても、商品の梱包で数十センチほど幅が大きくなることも頭に入れておきましょう。

アパートやマンションに住んでいる方はエレベーターを使って家具を運ぶことが予想されるので、エレベーターの奥行きと高さ、扉のサイズを確認しておきましょう。

ここでエレベーターを使えないサイズの家具の場合は階段を使って運ぶことになるので、そちらも合わせて確認しておくのがベストです。自室の前に着いたら搬入は終わりではありません。廊下前の広さを確認しておくことも必要です。

幅が長いソファは縦にしたり傾けて入れることになりますが、廊下前に十分な広さが備わっていないと搬入することができないので注意が必要です。

天井までの高さが低かったり、曲がり角のある廊下がある場合は特に注意が必要です。人それぞれの住宅事情により搬入条件・ルートが様々なので、ソファに限らず家具購入の前は必ず家具のサイズと 搬入ルート・方法を確認するようにしましょう。

Favorite