こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

ソファの手入れ

快適でリラックスできる空間を与えてくれるソファ。
しかし残念ながら人が作ったものに永遠の物はありません。
でもせっかく選んで購入したソファならなるべく長い期間使いたい。

そんなソファ好きの方の為に、家具や寝具の特集を企画してq みました。
ソファを永く愛用するためにも、日ごろのこまめな手入れ方法をしてあげましょう。

革製ソファの手入れ

通常の手入れでは、柔らかめの布で力を入れずに優しく拭いて汚れを取ります。革の表面部分は傷つきやすくなっているので、鉛筆や針など先端が尖ったもので傷つけないように注意して下さい。

物理的な傷だけでなく太陽による光や熱に弱い材質なので、夏場はエアコン、冬場ならストーブの付近には置かないように配慮しましょう。他にも酸性の液やアルカリに弱い性質の革があるので、変質の色落ちの原因になる薬品には十分に気をつけましょう。
革専用のクリームが別途市販されているので、これを半年に1度の割合で塗っておくと長く持つので試してみましょう。

布製ソファの手入れ

ソファの商品概要に「ファブリック」と記載されているものがありますが、これは「布製」という意味です。
布製のソファは普段から掃除機やぞうきんでホコリをこまめに取り除くように習慣づけて、清潔に保つようにすると長く保ちます。

掃除機のノズル部分を丸ブラシタイプにすれば布生地を傷つけずに手入れすることができるので、掃除機を使うときはなるべくブラシタイプノズルに切り替えて手入れしましょう。手入れ道具を扱う店舗が近くにあれば、是非とも購入しておきましょう。

飲み物などの汚れがついてしまった場合は、そのまま長時間放っておくと汚れが固着して落としにくくなるので、 汚れが付いたらすぐ濡れタオルで拭くように心掛けましょう。シミが残る場合は340度くらいに薄めた中性洗剤の液で表面をたたくように拭き取ればOK。 中性洗剤を使った後は汚れていない乾いた雑巾で表面の洗剤分を拭き取ってから、吸水性のある布で拭いて下さい。

漂白剤やシンナーを使うと布繊維が痛み、その部分が弱くなってしまうので使用は厳禁です。

pickup

プロ仕様の美容ハサミ
http://www.dowa-international.jp/ec/