こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

2014/10/1 更新

用途にあったベッド選び

ソファと同じようにベッドにもたくさんの種類があります。
ベッドを買う時には、普段の生活スタイルや部屋の広さやを考えながら用途に合ったベッドを選択することが重要です。

ソファもベッドも欲しいけど、部屋が狭いとお悩みの方にはソファベッドがオススメです。このページでは用途ごとのベッドタイプとそのメリット/デメリットを紹介します。

キャビネットタイプ

キャビネットタイプベッドは、頭の上側にあるヘッドボード部分が棚になっているタイプのことを指します。 文庫サイズの本や小さめの目覚まし時計、女性ならばちょっとした小物などを置く事ができます。

他にも小物収納用の引き出しや 簡易照明が付いたタイプのベッドもあるので確認してみましょう。棚の分だけ幅が広がっているので全長が長くなっているのが特徴となります。就寝前の読書に適した間接照明が欲しい方や、ベッドの横にサイドテーブルを置きたいけどスペースがないという場合に役立つベッドタイプです。

キャビネットタイプベッドを設置する場合は、ベッドの大きさを考慮して事前に部屋に収まるかどうか、シーツやマットレスを替える時などの作業に適した側面スペースがあるかどうか確認をしておきましょう。

ロータイプベッド

ベッドを置いた部屋というのは、ベッドそのものが大きいこともあり自然と部屋が狭く感じられます。そこで、部屋を広く見せるという意味ではロータイプベッドだと部屋の圧迫感もなく、部屋も広く見えるというメリットがあります。

人は目線上に物体があると圧迫感を感じてしまい、そういった物体が多い部屋は狭く感じてしまうんです。この効果は引越しをイメージすると分かりやすいと思いますが、引越し前の何も置かれていない部屋は広く感じるのに、いざ家具などの日用品を搬入してみると広さよりも狭さを感じてしまう減少がありますよね?

この減少と同じ効果です。家具の中でも、ダントツに大きいベッドで部屋に圧迫感を出さない様にするには出来る限り背の低いベッドを選ぶことです。全高が低くなれば部屋の空間性が大きく広がるので、自然と圧迫感が消えます

ロータイプベッドの特徴として、マット下がシンプルな構造になっているのでその分製造コストが抑えられており、>比較的安価で購入できます。このベッドタイプのデメリットは、やはり全高を低くしているためにベッド下の収納スペースがないことが挙げられます。この場合は別の収納家具を買うなど独自の工夫が必要になります。

ヘッドレスタイプベッド

キャビネットタイプと違って物を置ける棚がなく、マットレスに脚部が付いただけの形状をしているシンプルタイプのベッドです。 ベッドの全長が最低/最小限必要なマットレス寸法のみとなっているので、ベッドを置くスペースがなかなか作れない狭い部屋に適したベッドとなっています。2人分のベッドを置きたいけれど置く場所がない、兄弟2人で同じ寝室を利用したい場合に便利なのが二段ベッドです。

また、ベッドとして余分なスペースが一切ないので、その分ベッドを置いた部屋を広く活用することができます。また、シンプルな造りなのでその分コストを抑えて造られているので安価なものが多いのも特徴です。

ヘッドレスタイプベッドはマットレスとフレームがセットになって売られるのが主流ですが、メンテナンス性には欠けるというデメリットがあります。

通常マットレスは2~3ヶ月に1回の割合で上下、裏表を変えてスプリングの負担が一定の場所にかからないように する必要がありますが、マットレスとフレームが一体になったタイプだとこのマットレスの交換ローテーションが行えないのでマットレスのへたりが早くなることを覚えておきましょう。

フラットタイプベッド

頭の上部分のヘッドボードが一枚の板で作られたシンプルな形をしたタイプをフラットタイプベッドと呼びます。 見た目のデザインがシンプルですっきりしているので、商品として最も人気の高いタイプとなっています。

このタイプのベッドにはシンプルでありながらデザイン性に富んでおり、部屋のインテリアとしても申し分ない造りになっているものが殆どです。キャビネットタイプと違ってヘッド部分に棚などが無いかわりに全長が短めになっているので、部屋を広く使うことができます。

しかし、シンプルなデザインでインテリアとしても一役買う反面、物を置けるスペースが付いていないので、ベッド横にサイドテーブルを置くなどの工夫をして、物を置けるスペースを確保するようにしましょう。