こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

最終更新日:2014/10/1

サイズから見たベッド選び

ベッドを選ぶ時に使う人の身長と体型を考慮して、体に合ったサイズを探すのは基本中の基本。
一人で寝る用のベッドを単純にシングルベッドと考える方もいますが、成人した男性/女性はシングルベッドでも窮屈感を感じる場合もあります。

一般的には、ベッドに横になった時に窮屈に感じない大きさは、肩幅にプラス30センチ(体を中心として右側に15センチ、左側に15センチ)のゆとりを持たせた幅のベッドになります。ベッドの縦の長さは200cm前後のタイプがほとんどなので、ベッド選びの時には横幅ほど注意しなくても問題はないでしょう。

セミシングルサイズベッド

セミシングルベッドは省スペースサイズなのでベッドを狭い空間にも置くことが出来るというメリットがあります。でもその分全体的に横幅が狭くなっているので、寝相の悪い方や頻繁に寝返りを打つ方にとっては多少苦労する作りになっています。全体の大きさは、横幅80~90センチ、縦幅200センチです。

シングルサイズベッド

一人暮らし用のベッドとしては定番となっているサイズのベッドです。価格も比較的安くなっており、その分シンプルな造りになっていますがシンプルなインテリアデザインとして活用することもできます。

中にはこのシングルベッドを2つ並べてダブルベッドの用に使うこともあります。全体の大きさは 、横幅100センチ、縦幅200センチとなっています

クイーンサイズベッド

大人二人用のゆったりサイズで、ダブルベッドよりもゆったりと睡眠を取りたい方、お子さんと一緒に寝る時などにうってつけのベッドサイズです。 大人二人が利用する分でも十分な広さがあるので、ご夫婦や小さなお子さんがいる家庭で重宝されています。全体の大きさは、縦幅160センチ、横幅200センチとなっています。

キングサイズベッド

ベッドのサイズではこれ以上の大きさはない、一番大きいサイズのベッドです。形がほぼ正方形となっていて、ホテルのスイートルームでよく見られるベッドサイズです。

通常の家庭では、部屋にかなりの余裕がないと置けないほどのサイズですが、その分寝心地は最高クラス。全体の大きさは横幅180センチ、縦幅200センチとなっています。