こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

2014/10/1 更新

ベッドを購入するとこんなにお得

このページではベッドを購入することがどのように得するのかをご紹介します。
メリットの紹介以外にも、新しくソファベッドを選ぶ時に知っておくと便利なポイントも併せて紹介しますので、参考にしてみて下さい。

支度と片づけが楽

寝るときに敷布団とかぶり布団を用意すると、朝起きた時にこれらを片付けなきゃいけなくなります。
でもベッドだと敷き布団とかぶり布団を上げ下ろしする必要がありません。布団の上げ下ろしは数秒で終わる作業ですが、毎日に支度と片づけをするとなると面倒で億劫になりますし、高齢の方にとっては布団の上げ下ろしが腰に負担になることも考えられます。

ベッドは空間スペースの活用性が高く、そのまま布団を置いておくことができるので片付けの手間も少なくて済み、寝るときもそのまますぐに休むことができるので楽になります。「楽」を求めた結果がこのベッドと言えなくもないですが、楽できることは思い切り楽しちゃいましょう。

フローリングとの相性

ベッドではなく布団の生活に慣れ親しんだ人にとっては「布団の方が落ち着いて寝心地もいい」となります。
こういった昔から布団の生活を送っているとベッドでの睡眠に抵抗がある方が多いようです。

確かに、和室に畳と言った純和風の自宅環境の場合、布団は最高に適した睡眠環境だと言えます。 これは、畳独特の柔軟性が体への負担を極力抑えるので、安心してゆっくりと寝むられるからだと考えられています。

しかし現在の家ではフローリング部屋の普及が進んでいるので、硬いフローリング床の上に布団を敷いて寝ることは全身に強い負担を掛けることになります。

ベッドはもともと欧米から輸入された文化ですが、生活様式が欧米化している現在で睡眠環境も欧米化している現在では、布団を使う部屋によっては安眠を妨げる恐れがあります。中には和室と洋室がある家もありますが、和室なら布団、洋室ならベッドという使い分けをすることがベストです。

ハウスダスト対策

布団の支度と片付けの時に行う布団の上げ下ろしは、床についたほこりやダニなどの極小生物の死骸が空気中に舞い上がって仕舞うのをご存知ですか?ここで舞い上がったほこりや死骸は舞い上がった後に再度床に落ちることになります。

布団式だとこのハウスダスト達が一番厄介なんです。布団を使って就寝すると、ほこりがたくさん落ちている床のすぐ近くで数時間呼吸する事になるので、喘息やくしゃみ、咳などのアレルギー症状を引き起こしかねません。

そのため、床よりも高い位置で眠ることが出来るベッドの方がアレルギー症状が出にくいと言われてます。ハウスダストによってアレルギー症状が出る人が年々増えているので、アレルギー体質の方はベッドでの睡眠を強くオススメします。