こだわり寝具で快適な眠り

座ると眠るにこだわる! 快適!!座・眠生活

人間の身体と心を休ませる・癒す行動に座る行為と眠る行為があります。部屋でのリラックスを目的とした当サイトは、インテリア家具の中でもこの二つの行動に関わるソファとベッドに特化したサイトとなっております。

家具の選び課の参考にもどうぞ。癒しを求めるコーディネートをしたい其処の貴方必見ですよ!

良質なベッドの選び方

ベッドの質は眠りの質と比例する関係にあります。求められるベッドの質は購入する人や選び方によってそれぞれ違いますが、体に合った硬さかどうか、就寝の時にリラックスして休める体勢になれるかどうかを重視した選び方をしましょう。

どの程度の硬さのベッドがベストなのかは、各人の体重や寝姿勢にもよるので確実に「これがいい」と断言することはできませんが、マット素材が硬すぎると血の巡りが悪くなって、朝起きる時に腰や首、肩などに痛みを感じるようになってくるでしょう。

逆に素材が柔らかすぎると体重によって体がベッドに沈みこんでしまい、不自然な体勢での睡眠となり寝返りを妨げたり腰に負担をかけることに…人間の体に備わった癒しの行為「睡眠」で余計疲れてしまうようでは良質なベッドの選び方とは言えません。

我々人間は、眠りや癒しの環境作りを整えることが重要になります。その為にはベッドの選び方をしっかりと覚える必要があるのです。ベッドを購入した後に後悔しないように、ベッドの選び方のポイントを覚えて睡眠族になりましょう(笑)

ベッドのメリット

ベッドを購入することでどんな得があるのか。ベッドのメリットを紹介!ベッドの選び方の参考にもなることでしょう。

用途に合わせる

ソファと同じようにベッドにもたくさんの種類が存在しており、ベッドを買う時には、普段の生活スタイルや部屋の広さや用途に合ったベッドの選び方をすることが重要です。用途ごとのベッドタイプとそのメリット/デメリットを紹介。

ベッドサイズで選ぶ

ベッドは、使う人の身長や体型を考慮した選び方で、自分の体に適した大きさのサイズを探なきゃいけません。別ページにて一般的なベッドのサイズを紹介します。

安いベッドと高いベッド

ベッドの選び方というのはいくつかある内の中で見比べることになります。見比べていると気づくと思いますが、見栄えがソックリなベッドなのに価格に開きがあるものがいくつかあるはずです。この金額の差はどこから来ているのか疑問に思ったことはありませんか?

ベッドの価格基準には多種ありますが、価格の差が発生している部分はインテリア家具の専門家でないお客にはには分かりづらいですよね。 どんな人でも、できることなら買い物を安く済ませたいと考えるもの。でもどこを妥協すればいいのか、どこにこだわれば値段が上がるのかはなかなか知られていません。そこでベッドの値段に差が出やすい部分を紹介します。

マットレスの手入れ

ベッドとマットレスは切っても切り離せない関係。その大事なマットレスは丸洗いすることができませんし、だからといって分解して掃除するわけにもいきません。だからマットレスにはベッドシーツやベッドパッドを敷いておいて表面の汚れを防ぐ必要があります。

マットレスはできる限り清潔に保ち、ベッドパッドやベッドシーツをこまめに洗濯するようにしておけば長持ちさせることができるんです。ベッドの親友「マットレス」、その手入れ方法を紹介します。